美肌菌でイキイキ美肌を手に入れよう!今日から始める育菌生活

肌をきれいにする美肌菌って何?

人間の素肌には、目には見えないけどさまざまな菌が住み着いているそうです。菌と言えば、悪者扱いされそうですが、中には美肌を作るのに役立つ善玉菌がいるのだそうです。表皮ブドウ球菌と呼ばれる菌で、「美肌菌」としてTVや雑誌で話題を集めています。表皮ブドウ球菌は天然の潤い成分であるグリセリンやセラミドを作る働きがあり、肌の保湿機能を高めて、美肌作りをサポートしてくれます。この自然に存在する菌は、普段の生活のちょっとしたポイントを見直すことで増やすことができるのだとか。ぜひ試してみたいですね。

育菌生活の3つのポイント

では、どうやってこの美肌菌を増やせばいいのでしょう。第1のポイントは洗顔。メイクをたっぷりのクレンジングでしっかり落とします。そして、手のひらいっぱいに泡立てた洗顔料で洗顔をします。このときに気を付けたいのは、肌をこすらないこと。汚れを落とそうとゴシゴシこすれば、汚れだけでなく善玉菌も落としてしまいます。たっぷりのクレンジングとしっかり泡立てた洗顔料で優しく汚れをとってください。第2のポイントは洗顔の後のスキンケア。スキンケアに使う化粧水やクリームは、防腐剤や殺菌効果のあるアルコールが入っていないものを選びましょう。せっかくの美肌菌を減らしてしまいます。そして、第3のポイントは、軽い運動で汗をかいてしっかり睡眠をとることです。運動でかいた汗は善玉菌のエサになります。ぐっすり寝ている間に、美肌菌はエサを食べて増えていくんだそうです。いつもの生活に取り入れて、ぜひ美肌になる菌を育ててみてはいかがですか。

品川美容外科の判例について詳しく