適当に選んでない?クレンジングを上手に選ぶたった1つのポイント

クレンジング選びは美肌作りの基本

メイクをした日は、その日のうちに綺麗にクレンジングすることが美肌を保つポイントになってきます。ですが、一言でクレンジングといってもその種類はさまざまです。オイルタイプやリキッド、クリーム、ミルクに加えて、持ち運びに便利なシートタイプのクレンジングもあります。どれもメイクを落とすという共通の働きがありますが、その洗浄力には大きな違いがあります。必要以上に洗浄力が高いものを使っていると、メイクだけではなく美肌に必要な水分や皮脂までも洗い落としてしまうので注意しましょう。

クレンジングの種類と特徴

クレンジングの中でもオイルタイプは洗浄力が強くなります。ファンデーションや口紅などのメイクアイテムには多くの油分が含まれており、これを落とすためには同じく油分が必要になります。その油分を洗い流すために必要になるのが界面活性剤です。つまり、油分が多ければ多いほど界面活性剤も多く必要となり、肌への負担も増えていきます。それとは逆にクリームやミルクタイプのクレンジングは油分が少ないので、肌へのダメージが少ないというメリットがあります。

クレンジングはベースメイクの濃さで選ぶ

クレンジングを選ぶとき、アイメイクや口紅などポイントメイクを基準に選ぶ人が多いようです。ですが、ポイントメイクでクレンジングを選んでしまうと、皮膚が薄い目元や頬に必要以上の負担がかかってしまいます。それを防ぐためには、ファンデーションなどのベースメイクを基準にしてクレンジングを選びましょう。ポイントメイクは専用のリムーバーを使用することで、綺麗に落とせます。

品川美容外科の2chについて調べる