シャンプーは必ずしも毎日する必要性はない

シャンプーは毎日洗ったほうがいいの?

夏場などは汗を多量にかくことから、毎日のシャンプーは欠かせないものとなりますが、冬はそのようなことはないため、必ずしも毎日のシャンプーは必要ないため、シャンプーをしない人もいるにはいます。冬場では、毎日シャンプーをする必要性はないのでしょうか。

シャンプーを毎日すべき人とすべきでない人の違い

シャンプーは、頭皮についた余分な皮脂よごれなどを除去して、健康な頭皮を保つ働きがあります。毛髪の成長をサポートするためには、毎日シャンプーをして毛穴につまった皮脂よごれなどが詰まらないようにすることが大事なように思えます。しかしながら、シャンプーをやりすぎることにより、頭皮が乾燥してしまいがちになるほか、頭皮における水分と脂分との均衡が崩れるという事態を惹起することもあります。そのため、シャンプーは過度にし過ぎないことが大切と言え、頭皮の状態を見て適度な頻度でシャンプーすることが大切です。

上記で述べたとおり、夏場とは異なり冬場は汗をかく頻度は減少こそすれども、頭皮における皮脂は分泌されているので、油断は禁物です。いくら冬場であっても、毎日シャンプーをしないことにより、毛髪や頭皮がべちゃべちゃになってしまう人もいます。逆に毎日シャンプーをすることにより、皮膚の乾燥を招いてしまうという人も存在します。あくまでこれは個人差ですね。皮脂よごれが目立つという人は、冬場であっても毎日シャンプーをしたほうが良いでしょうね。頭皮が乾燥しやすいという人は、シャンプーの頻度を減らすなどしたほうが良いでしょう。

品川美容外科の裁判について詳しく