忙しい現代人にピッタリ!睡眠時間をダイエットに活用しよう!

食べたい欲求をコントロール

ダイエットは、食欲との戦いといっても過言ではありません。ただ食べたい欲求を我慢するだけでは、いずれ食欲が爆発してしまいます。せっかく地道に体重を減らしていっても、1度のドカ食いで体重が増えてしまっては努力が水の泡です。

食欲は、レプチンとグレリンというホルモンが関係しています。レプチンは食欲を抑制し、グレリンは食欲を増進します。どちらのホルモンも生きていくためには大切なホルモンです。しかし、両方のホルモンの分泌量のバランスが崩れてしまうと、食欲を上手くコントロールすることが出来なくなってしまいます。食欲を抑えるためにはグレリンの分泌量を減らす必要があるのです。質のよい睡眠を取るとグレリンの分泌量を抑え、レプチンの分泌量を増やすことが出来ます。

成長ホルモンで脂肪を燃焼

脂肪を燃焼するためには、エネルギーを消費しなくてはなりません。通常は運動などを行わなくてはいけませんが、成長ホルモンを分泌することが出来れば寝ている間に勝手に脂肪が燃焼されます。成長ホルモンには新陳代謝を高くする効果があるためです。また、筋肉の量を増加させる働きもあります。筋肉の量が増えれば基礎代謝も高くなるため、痩せやすい体質に変わることが出来ます。

コルチゾールを減らす

コルチゾールは、別名ストレスホルモンと呼ばれています。ストレスを感じると多く分泌されるため、そう呼ばれているのです。コルチゾールが増えると基礎代謝が低くなります。これは、代謝をよくする成長ホルモンをコルチゾールが阻害してしまうためです。また、コルチゾールにはインスリンの分泌量を増やす働きがあります。インスリンには脂肪を溜め込む作用があるため、太りやすくなってしまうのです。

品川美容外科の2chまとめサイト