にっくき脂肪は、ほぐして摘まむが新常識!

脂肪も実は凝っている

ストレスの多い現代社会、ほぐし専門のマッサージ店がたくさんオープンし、家電屋さんでは様々なマッサージ器具が発売されています。ストレスを感じると体が防衛本能から縮こまってしまい、体が凝ってしまうのです。

しかし凝っているのは筋肉だけではありません。実は脂肪も凝り固まっているのです。その証拠がぼこぼことしたセルライトです。脂肪が凝り固まっていてはダイエットの常識である「脂肪を分解して排出」にはたどり着けません。

脂肪を揉んで柔らかくし、摘まむことが大切です。それによって脂肪の分解が促され、徐々に痩せやすい体になっていきます。

脂肪を揉むのは入浴中が効果大!

脂肪を揉むのは入浴中が一番効果を期待できます。理由は体が一番温まっているからです。冷たいフライパンの上にラードを落とすのと、熱したフライパンにラードを落とすのでは、後者の方がよく溶けます。脂肪もラードと同じ油ですので、温かい場所で揉む方が効果があるのです。

揉むのは自分が痩せたいと思っている部位だけでOKです。まずは良く揉んで脂肪の凝りをほぐしましょう。思っている以上に凝っているのを実感できます。

柔らかくなったら次は指で脂肪を摘まみましょう。摘まむ強さは、冗談でほっぺたを軽く摘まむような感覚です。いわゆる「痛いけど気持ちよい」程度です。あまり強く摘まんでしまうと、痛くて長続きしない上に、肌にダメージを与えてしまいます。

時間をかけて優しく揉み解して摘まんでいくことで入浴時間が長くなり、さらなるダイエット効果も期待できるようになります。

品川美容外科の告訴まとめサイト